株式会社ヤマナシヤ


いいたまごの日 タマリエ検定解答と解説
          解     説      全問正解者829人中179名(21.6%)   I  
第1問  にわとりが一個の卵を作るのに24~25時間かかります。 
                                        (正解率70.6%)
 A
 第2問 朝明るくなってから2~6時間後に集中し、ほとんどが午前中に

産卵します。                             (正解率89.8%)

A
 
 第3問 色の違いは、にわとりの種類によるもの。同じエサを食べた場合

栄養価は変わりません。                
(正解率68%
 
C
第4問  お買い上げ後は冷蔵庫(10度c以下)で保存して下さい。
                                    (正解率84.6

  
B
 第5問  2個食べるとコレステロール値が心配だという方もいるかもしれませんが

1.コレステロールの80%は体内で作られている!

2.たまごを食べても心臓疾患のリスクはあがらない!

3.タマゴにはコレステロールを下げる成分が入っている!

(健康な方の場合)
                      
(正解率57.5%

B
第6問  室町時代から呼ばれるようになり、江戸時代に一般的になりました。

(語源由来辞典より)                   
(正解率78.9%)
 
B
 第7問 いいたまごの日は鶏卵の栄養や利用面での認識を深め、

ひいては卵の消費促進に結び付くように全国統一的なイベント等の

活動を行うことを目的としています。         
(正解率89.8%
 
A

 戻る